黒猫アリスと満月

アリスの気ままなブログです

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近思ったこととか

2010.12.20 (Mon)

女性専用車両反対の人たちのこととか
熊の射殺反対の人たちのこととかについて
自分の思ったことを書いてく記事です。

※注意
自分の思ったことをただ一方的な感想を書いてくだけなので
人によっては気分を害すると思います。
あと、自分が誤解してることとかあるかも・・・w
浅知恵は許してください。
文章として成り立っていなくても長い目で見てください。
誤字・脱字はいつものことだよ!気にしないで!

この記事を読んだことによって不愉快になった、等の
苦情は受け付けません。注意書を読んでください。

それでも読みたい人だけどうぞ。



何だか最近尊敬できる大人が少なくなってきてると感じることが多くなってきました。
こんな中2のガキが言ったって「は?」と思うかもしれないけど
何だか大人がやってることが「こんなガキじみたことを」と感じてしまいます。

最近、女性専用車両に反対する人たちが増えてきている(?)そうですけど
何で反対する人がいるのかわかりません。
まあ私が女というのもあるんでしょうけど。
でも、なぜ女性専用車両=男女差別に繋がるんでしょう?
別に女性専用車両に乗っている女の人が
「ここは女だけの特別な車両だから。女はこういう待遇されて当たり前w」
って言ってるわけじゃないじゃないですか。
ただ
「痴漢にあってから怖くて普通車両に乗れないので女性専用車両に乗っています」
と言っているだけですよね。
確かに男の人は女性専用車両に乗ることはできないけど、
それは男女差別でなく、被害者を変質者から守っているだけじゃないですか。
その働きかけに協力してあげれないなんてちょっとおかしいですよね?
そんなに女性専用車両に反対ならば、
痴漢が減るように働きかければいいだけだと思います。
そんなことをせずに女を非難するなんてちょっと違いませんか?

これは熊の射殺に反対な人たちにも言えます。

「熊の命をとるなんて残虐!」と言って、非難の電話や手紙を送る人がいるようですが、
そんなことをグダグダ言ってる労力があるなら
熊が農村に降りてこないように自分が実行するべきです。
「~しろ!」ではなくて、自分が何かしたらどうでしょう。
熊に毎日でも餌をあげにいったら良いじゃないですか。
家に1匹熊を引き取れば良いじゃないですか。
熊のでない都会のまんなかでそんなこと言ったって
全然意味がないんですよ。

・・・とまあ、色々言ってきましたが、
結局のところ何が言いたいかって
「尊敬できる大人になってほしい」
ということと
「反対の仕方が間違っている」
ということです。

たかが中2のガキンチョの一方的な話ですけれど
少しは参考(?)にしてくださると嬉しいです。

では長々と失礼しました。
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

女性専用車両に反対する理由

わざわざ前置きでエクスキュースまで付けておられるようですので、こちらも極力ニュートラルな言い方でコメント致します。

私が女性専用車両を擁護する人達を見て不思議に思うのは、「女性専用車両=困っている女性を救済するツール」と位置付けているのに、「女性専用車両に協力する男性=困っている女性への救済者」と見ている様には思えないことです。女性専用車両が女性救済運動であるならば、それに協力する男性には感謝や敬意を怠らない様にすることこそが救済活動の維持につながるはず。なのに男性が女性専用車両に賛成・協力すると、それはもはや当然とばかりに次々と設定範囲を拡大する(させる)様な“恩知らずの対応を取ったり、「そもそも女性専用車両が出来るのは男性の自業自得」「臭いオヤジがいなくて快適」といった言い方が出ることがあります(あなたがそうであると言っているわけではありません)。

それに痴漢撲滅活動をやったとして、現在の賛成派や鉄道会社が「それなら女性専用車両をやめましょう」と言うでしょうか?おそらく「痴漢が減っても、それは女性専用車両のおかげ」とか「痴漢撲滅活動があって、その上に女性専用車両があればもっといいじゃないか」となるのではないのでしょうか。女性専用車両の実施側・賛成側の人間は反対派に対して「察する」・「譲歩する」ということは無いのです。

つまり、女性専用車両に反対している人は、「女性専用車両そのものは絶対正義の如くばかりもてはやされるのに、男性はそれに協力しようがするまいが敵視されている」ことに腹を立てているのです。

Re: 女性専用車両に反対する理由

わざわざ長文コメントありがとうございます

あなたが女性専用車両を反対する理由も分からなくもないんです。
でも、例えば万引き犯を見つけた時、大体の人は注意すると思います。
それはごく自然な動きだし、万引きにあった店はもっと警備を強くするのも当たり前です。
それと同じことが女性専用車両にも言えるんではないでしょうか?
痴漢を見つけたら捕まえる。
もう被害に会いたくない人は女性専用車両に乗って守りを固める。
店が警備を固め、他のチェーン店にもそうするよう呼び掛けるのは良いのに
女性専用車両がそうするのは許せないのはおかしくないですか?
なんか変な例えかたでご免なさい(汗

まあ、ちょっと女性専用車両の考え方が違う女の人がいたりもしますよね。
でもそういう人は放っておけばいいんではないでしょうか?
全員が全員そういう人ではないんですし。
「男臭くなくて最高w」とか言う人はいつか同じ言葉が返ってくると思いますよ
それをいちいち気にしてたら馬鹿らしいじゃないですか。

というわけで、長文&浅知恵な意見です。
本当、何か失礼な文になっていたらご免なさい(><)
まとめると、私はやっぱり女性専用車両に賛成です。
そっちの方が免罪もなくて良いのかなーとも思うし。

では、さようなら

コメントするかどうかかなり迷ったけど私も自分の考えをコメントすることにしました。
文章作るのが下手なのでわかりにくかったらすいません。

最近確かに女性専用車両反対!の人たちをTVとかで多く取り上げていますね。過激派(って言い方もアレですが)になるとプラカードもって女性専用車両に乗り込んだりしているのを見たことがあります。
でもそれって・・・女性に一方的に不快な思いさせてるだけじゃないですか。女性にとって痴漢はとても傷つくことだし、下手したらトラウマが一生残るかも知れないですよね。「女性は権利を振りかざしている」とかいう人もいると思いますが、男→男、女→男の痴漢なんて無いですよね?滅多に。いつでも弱い立場になってしまうのはやっぱり女性だと思うのです。だからそのための措置であるのではないでしょうか。「男女差別」という人もいると思いますが、それは違いますよね・・・女性の中には「女性専用車両は化粧くさくて嫌だ」と普通車両に乗る人も少なくないし、女性にも選択する権利があるんです。昔のアパルトヘイト政策のように黒人と白人を完全に差別するわけでもなし、白人のように女性が極端に優遇されているわけではないと思うんですがどうでしょう?痴漢とかいうひどい行為をする人がいる限り女性は気が休まらないと思います。そのための措置なんだから男性ももう少し考えて欲しいと思います。

私が女性だからこんな意見なのであってほかの意見もたくさんあると思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

星が見える名言集100

プロフィール

黒猫アリス

Author:黒猫アリス
中学3年生の女子です。
ダラダラと適当なブログを更新中です。
変態ですが、変人ではないですよ!
自称「黒猫アリス」ですが痛いとか思ったら負けですよ。

当ブログにある画像は無断転載は禁止です。転載の場合は先に許可をとってください。

最新トラックバック

リンク

o    漫画家、遠山えま先生のブログ。         可愛い絵がどしどしですよ(^^          j                  ブログ、ちょびの定理。 きぐるみブログです。 k 絵師様ブログ、鬼猫屋。 ヤバイ、絵がきれいで可愛すぎる(・∀・*)                    サンダーボルト              相互リンクしてますー。 紫眼鏡さんによる、中学生ブログです(´ω`)                              桃色☆しんふぉに~           きぃ~☆さんのお絵かき中心ブログですー。 絵がやわらかくて可愛いっすよ!

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。